クライストチャーチってどんなところ?

緑豊かで、英国の香り漂う格調高い街。
クライストチャーチの落ち着いた環境の中で学修に集中します。

ニュージーランド南島最大の都市、クライストチャーチは、別名ガーデンシティと呼ばれるほど緑豊かな街。英国統治時代にオックスフォード大学クライストチャーチ出身者が数多く移住したためにその名がついたと言われ、現在も「イギリスよりイギリスらしい」と言われる格調高い建築が残されています。中心部には路面電車トラムが走り、さまざまな観光名所とのアクセスも良好。日中は観光客が多く活気にあふれていますが、多くの店が18時前後に閉まるため、落ち着いた環境の中で学修に集中できます。

■時差:4時間 ■フライト時間:約15時間(乗り換え時間含む)
New Zealand

クライストチャーチへ行ったらおさえておきたい!厳選観光スポット

観光スポット
1
紙の聖堂
2011年の地震で半壊した街のシンボル、クライストチャーチ大聖堂。その代わりに建てられた、特殊な紙でできた仮設大聖堂は、日本人建築家の坂茂氏による設計。紙の聖堂と呼ばれ、新たな観光名所となっています。
観光スポット
2
ハグレー公園
市の西側に位置する165haもの広大な公園。エイボン川が流れ、英国伝統の船遊び(パンティング)も楽しめます。公園の約5分の1を占める植物園には1万種以上の植物が美しく植えられており、さまざまな花々が咲き誇ります。
観光スポット
3
ニューリージェントストリート
クライストチャーチを象徴する「ニュージーランドで最も美しい」歩行者専用道路。カラフルでお洒落なな建物が林立する中、関さんおすすめのカフェや、衣料・宝飾品店、土産物屋などの店舗が街並みに調和しながら並んでいます。
観光スポット
4
ウィローバンク動物公園
国鳥キーゥイをはじめするニュージーランド固有の鳥や野生動物を、自然に近い状態で観察できる動物公園。ニュージーランドの原生林を再現した園内には、先住民族マオリの住居を模した建物などもあり、異文化体験ができます。
観光スポット
5
アカロア
クライストチャーチからクルマで約90分。フランス移民が入植してできた港町で、今なおフランス風の歴史的建造物が並んでいます。ビーチ沿いにはおしゃれなショップが並び、アカロア湾のドルフィンウォッチングも有名です。
観光スポット
6
カイコウラ
クライストチャーチから北へクルマで約2時間。海沿いの街カイコウラ沿岸には、クジラやイルカ、オットセイ、アホウドリなどが生息しています。毎日数回のホエールウォッチングが行われ、オットセイと一緒に泳ぐことも可能です。
観光スポット
7
テカポ湖
クライストチャーチからクルマで約3時間半。青みがかった乳白色の水面が特徴的な湖です。非常に晴天率が高いため、夜ともなれば満天の星が空一面に輝きます。近くにある「善き羊飼いの教会」の周辺は絶好の撮影スポットです。

せっかくのニュージーランド留学。セメスターブレイク※を利用して、さらに見聞を広めてみませんか?

観光スポット
a
マウントクック国立公園
[ クライストチャーチ → 現地 ]
バス所要時間:約5時間
標高約3,700mのニュージーランド最高峰。国立公園内には、そのほか2~3,000m級や級の山々が150以上もそびえ立っています。
観光スポット
b
ウェストランド公園
[ クライストチャーチ → 現地 ]
バス所要時間:約10時間
マウントクックを臨む国立公園。草原や湖、湿地、森林、氷河など多様な景観を堪能でき、特にフランツジョセフ氷河とフォックス氷河は最大の見所です。
観光スポット
c
スカイ・タワー
[ クライストチャーチ → オークランド ]
フライト時間:約1.5時間
高さ328mを誇るオークランドのランドマーク。展望台やスカイデッキから街を一望できます。地上192mからスカイジャンプやスカイウォークにも挑戦できます。
観光スポット
d
スカイライン・ゴンドラ
[ クライストチャーチ → クイーンズランド ]
フライト時間:約1時間
リゾート地クィーンズタウン。街の中心部と海抜約790mの展望台とを約10分で結ぶゴンドラ。湖、山、市街を見渡す一大パノラマは絶景です。
観光スポット
e
フィヨルドランド国立公園
[ クライストチャーチ → テ・アナウ ]
フライト時間:約1時間
湖畔の街テ・アナウからクルマで約3時間。氷河によって削られた山々や、無数の滝など、壮麗なフィヨルド地形を堪能できる国立公園です。

※1stクォーターと2ndクォーターの間の休暇期間