世界への1歩

都市大の伝統である実践的な専門力を有した国際人の育成を目標として
「英語で学び、英語で考え、英語で議論する」ことのできる学生を育てるプログラムです。

本学の留学プログラムは、「東京都市大学オーストラリアプログラム(以下、TAP)」と「東京都市大学とカンタベリー大学との留学プログラム(以下、TUCP)」の2つがあります。
これらのプログラムを通じて、国際的な視野とコミュニケーション能力を持った、時代に柔軟に対応できる国際人を育てます。
留学先のオーストラリアやニュージーランドは、さまざまな国の出身者が暮らす多様性に富んだ都市です。
このような恵まれた環境の中で、国際人としてグローバルに活躍するための語学力と異文化を理解する力を磨きながら、自主性や自立心を育みます。

留学までの流れ(新1年生の場合)

TUCPの参加条件は、TOEIC®600点以上、TAPは英語力などの参加条件はありません。
いずれのプログラムも、留学先大学の入学手続き、ビザ取得手続き、航空券や学生寮の手配を本学が行うので、安心して留学に臨むことができます。 ぜひ、これらの留学プログラムに参加して、あなたの英語力に磨きをかけましょう。

東京都市大学 オーストラリアプログラム

TAP

東京都市大学オーストラリアプログラム(TAP)
1年次の準備教育と、2年次約4ヵ月間の豪州留学を合わせた2年にわたる本学独自の国際人養成プログラム。

カンタベリー大学 留学プログラム

TUCP

カンタベリー大学留学プログラム(TUCP)
TOEIC®600点以上の学生を対象とした上級者向けのプログラム。名門カンタベリー大学での高品質な授業に参加します。