TAP 留学中の学生による特派員レポート

Vol.470(2019.11.15)

☆11月前半の活動報告

実井 貴哉(知識工学部 経営システム工学科)

こんにちは~!

このレポートではTAPの最後に僕がどんな生活を送ったかを書いていきます。(このレポートは帰国後に書かれたものです。)

1. ロットネストアイランド

11月最初の土曜日にかわいいクォッカとのツーショットがとれるロットネストアイランドに行ってきました。セメスターブレイクでケアンズのグリーン島やフィッツロイ島に行ったのですが,それらの島に負けないくらいきれいな海があって,サイクリングは風が気持ちよくて景色がきれいで,クォッカがめちゃめちゃ可愛いです。クォッカは笑っているような表情から「世界一幸せな動物」と呼ばれていたり,Pokémonのピカチュウのモデルにもなっています。それに人懐っこいため写真撮り放題です。

カメラに鼻がついちゃうくらい接近してきました( ´∀` )

2.  メルボルン

最後に思い出を作ろうと思い,最後の教養の授業が終了すると同時にメルボルンに観光に行きました。シティから遠出はせず,2泊3日でシティの中の有名なところをひたすら回りました。オーストラリアの中では主にパースとケアンズしか行ったことがなかったので独特な街の雰囲気でした。路面電車が常に通っていて人が多く,東京でいう新宿と似た雰囲気を感じました。いろんなところを回りましたが行ってみて一番印象に残った場所はFLINDERS STREET STATIONです。とてもきれいでした。

セメスターブレイクが終わっても学校が一週間に三回しかないため,行きそびれた場所がある場合は行ってみると良いと思います。

3.  仲良しなルームメイトとのお別れ

フライパンやお皿,調味料は全部シェアしてくれて,一緒にお酒を飲んだり,急に日本語で下ネタを言ってきて笑わせてくれたり,出身地の言語などを教えてくれたりして,すごく仲が良かったルームメイトたちにお別れのプレゼントを渡しました。直筆の手紙とマウントローリーで購入した花束などを渡し,みんな大号泣でした。あんなに涙が出たのは中学,高校の卒業式以来でした。ほんとに楽しかった寮生活,ルームメイトの皆さんには言葉では表せないくらいの感謝です。

4.  最後に

僕はこのTAPで外人の人たちと一緒に英語を勉強したこと,はじめてお酒を飲んだこと,初めて知り合った人たちと筋トレしまくったこと,一緒に買い物に行って,自炊してご飯をごちそうしたりされたり,グループワークで夜遅くまで一緒に課題に取り組んだり,毎日が楽しくて仕方がなかったです。個人的にはTAPは大学生活の中でいい思い出になると思うので参加することをお勧めします。最後までこのレポートを読んでくださりありがとうございます。参考になれば幸いです

前の画面に戻る