TAP 留学中の学生による特派員レポート

Vol.484(2020.03.15)

☆寮での楽しみ方

高平 里菜(都市生活学部 都市生活学科)

TAPでの生活を始めてから1ヶ月がたちました。オーストラリアでの生活は初めての経験ばかりで、とても勉強になります。

しかしオーストラリアに来ても、ずっと部屋にこもる生活をしていたら日本で過ごしているのと変わりません。自ら行動することが大事だと思っています。なので、私はこの最初の一か月間はできるだけ外に出て、他国の人に積極的に声をかけ、うまく文章にできなくてもとりあえず伝えたいことを言うことを心がける生活を送りました。そのおかげもあって、寮で暮らしている他国の友達から食事・パーティーに誘われることも増えました。

さてそこで私からは、現地で友達を増やす手助けをしてくれる、寮での行事・設備についてレポートしていこうと思います。

私はMurdoch大学の寮で暮らしています。この寮では住んでいる人全員が参加できるイベント行事があります。月曜日は夜の8時にアイスが提供され、水曜日はコミュニティディナーといって、夜ご飯が提供され、みんなで話しながらご飯を食べるイベントに参加できます。その中で、

この写真はイベントの一つである、「Inter-VillageGame」というものです。土曜日の11時~14時に開催され、「バレーボール・フットボール・バスケットボール」を選択しゲームをするものでした。寮にあるコートで行われました。このコートは普段でもいつでも使える場所です。私はこの時、バスケットボールとバレーボールを行いましたが、初めてあった人、話したことのない人とも、男女関係なくスポーツを通じて仲良くなることができました。昼ごはんも提供され、いろいろな人とお話をすることもできました。


Murdoch寮には旧棟と新棟があるのですが、旧棟のほうに歩くとミュージックルームやシアタールーム(写真)、ミーティングルーム、ジムなど無料で使える部屋があります。

 

また新棟のほうに歩くと、プレイルームもあります。主に、卓球台、ビリヤード台、エアホッケーなどがあります。私はよくそこを利用して、そこであった人たちとゲームや、お話をして楽しんでいます。

 

はじめは、恥ずかしさがありあまり話しかけることができなかったのですが、1度勇気をもって話しかけてみると、2回目からは相手の方から声をかけてくれたりして会話も増えていきました。

しかし、まだまだうまくコミュニケーションをとるには程遠いのでこれからあと2ヶ月も無駄なく過ごしていきたいです。

是非皆さんもイベントに参加してみてください!!!

前の画面に戻る